新谷・北川合同事務所

遺産分割前の預貯金の仮払いと遺言代用信託

不動産登記はお任せください! 新谷・北川合同事務所は司法書士と土地家屋調査士の合同事務所です。

遺産分割前の預貯金の仮払いと遺言代用信託

前回に続いて相続法の改正について。

 

今年7月から被相続人が亡くなった際、相続人の1人から預貯金を引き出すことができるようになります。1金融機関につき、限度額は150万円。それ以外にも債権毎の限度額(相続開始時の預貯金債権の額×3分の1×当該払戻しを求める共同相続人の法定相続分)も。

 

例えば、

相続財産      A銀行   普通預金300万円  定期預金900万円

相続人       子供2人

仮払いできるのは? 普通預金300万円×3分の1×2分の1= 50万円

          定期預金900万円×3分の1×2分の1=150万円

 

合計200万円ですが、銀行毎の限度額(150万円)があるため、子供1人がA銀行で仮払いできるのは150万円までです。

 

 

以前、銀行の窓口で「相続が発生すると口座が凍結されるので、今のうちに信託しときませんか?」と言われたというご相談がありました。よく聞くと、少し前から銀行が営業に力を入れている「遺言代用信託」。言葉が固いので、「安心○○信託」とか、「思いやり○○信託」とか、銀行毎に色んな名前をつけています。

 

お客様が勧められたのは、ご主人が亡くなった時に、奥様が一時金を受け取れるという物。そのために、ご主人は100万円信託し、最初に手数料もかかるようです。銀行によると、「口座が凍結されたら、相続人全員の協力が必要だけど、これなら奥様1人で受け取れますよ。」

 

これ7月からいらないと言う人が増えるのでしょうか。1人で仮払いができるんですものね。

 

そもそも当時からこの信託、必要かどうか奥様と検討しました。

 

葬儀や当座の生活費のための商品なのですが、本当に100万円すぐにおろせなくて困りますか?預金全額を奥様1人でおろせるようになるならともかく、100万なら奥様の貯金で間に合いませんか?そんなに心配なら、100万円なら贈与税もかからないし、今のうちに奥様の口座に移しておいては駄目なのでしょうか?

 

それにこの100万円。信託してしまうと、基本途中解約はできません。やむをえないケースで解約ができても、解約手数料がかかるのです。預金や普通の遺言なら困った時いつでも使えますが、この商品の場合、しばりができてしまうのです。

 

そもそも、「口座凍結」と言いますが、有名人ならともかく、一般の方は自分から銀行に言わなければ、まず銀行が相続に気づくことはありません。もちろん、本人でない人が窓口で高額を引き出すことはできませんが、実際には相続人全員の同意の下、少額をキャッシュカードで引き出しておられることも多いと思います。

 

但し、もちろんメリットもあって。例えば、奥様が浪費家の場合。先に渡してしまうと使ってしまう可能性があります。その場合、基本亡くなるまで解約できないことはメリット。

 

また、1人で仮払いができると言っても、上の計算式を見ると、法定相続分を確定するため、恐らく相続戸籍一式は必要になると思います。それさえも難しいケースなら、遺言代用信託なら書類はより少なくてよいはずです。

 

もちろん、遺言代用信託にはもっと高額な物もあり、手数料もいらなかったり、解約も自由にできたり、また年金タイプのものもあります。それならば役に立つ方も多いはず。検討される際には十分確認してください。

 

相続法改正に話を戻すと、まだ仮払いの施行は7月から。実際に銀行の対応がどうなるか、今後注意が必要ですね。