新谷・北川合同事務所

境界確定、測量

不動産登記はお任せください! 新谷・北川合同事務所は司法書士と土地家屋調査士の合同事務所です。

境界確定

土地家屋調査士は境界確定の専門家です。

皆さんはご自宅とお隣や前の道路との「土地の境界」がどこにあるかご存じですか。
また、その境界にはきちんと境界杭が入っているでしょうか。境界がはっきりわからなくても日頃生活さ
れるには、それほど困らないかもしれません。

しかし、例えば土地を売却する時、通常測量をし、境界を確定して面積を算出します。
この土地がどこからどこまでかわからなければ、面積をだすことはできません。

境界確定をするためには、多くの場合その土地に接しているお隣や道路管理者・水路管理者などすべての関係者と立会をし、必要書類に署名、押印をしてもらわなければなりません。ご近所のご協力が不可欠です。

近年、「お隣の所有者がお亡くなりになって空き家状態となり、現在の所有者である相続人も遠方に居住されている。」など境界確定に時間がかかるケースが増えてきました。勿論、そのようなケースでも当事務所できちんと調査をし、対応いたします。しかし、お隣同士のおつきあいがあり、「お互い様」と境界確定に快くご協力いただくケースは、圧倒的に早くスムーズに手続きが進みます。
また、相続が繰り返されたことにより、当事者もどこが境界かわからなくなり、争いとなって裁判にまで至るケースもあります。

いざという時に困らないよう、今のうちに境界確定をしておきましょう。

境界確定手続きの流れ

  1. お電話又はメールで初回打ち合わせのご予約

  2. 初回打ち合わせ(出張相談も可能です。)

    丁寧にお話をお聞きした上で、お手持ちの資料を拝見し、手続きについてご説明を致します。この段階でおおよその費用もお伝えします。

  3. 受託

    ご依頼が決定すれば、調査のための委任状に署名、押印をしていただきます。

  4. 資料調査

    法務局や市役所などで現地やその周囲について調査します。この段階で正式な御見積書を作成します。

  5. 事前打ち合わせ、隣地所有者挨拶

    お客様に調査の結果をご報告し、隣接地の方々にも現地作業へのご理解、ご協力をいただくため、ご挨拶、ご説明を致します。

  6. 現地測量

    現地にて、調査、測量作業を行います。

  7. 測量結果分析、仮図面の作成

    測量結果を分析検討し、仮図面を作成します。

  8. 経過報告、打ち合わせ

    お客様と仮測量結果について打ち合わせ、報告。

  9. 官民境界(道路・水路)立会申請

    現地に接している 道路・水路 を管理している役所に現地立会の申請をします。

  10. 隣接地立会のお願い、日程調整

    隣接地所有者に立会をお願いし、日程調整をします。

  11. 現地立会

    お客様、道路・水路管理者、隣接地所有者に現地にお越しいただき、境界についてご説明し、
    承諾いただけましたら、境界杭を入れる作業をします。

  12. 境界確認書に署名、捺印

    杭入れ作業後、隣接地の皆様に書類への署名、押印をいただきます。

  13. 調査測量報告書の作成

    すべての作業が完了したら、書類、図面を作成し、お客様にご説明します。
    ※境界確定後の土地面積が登記簿の面積と違っている場合、地積更正登記をすることも出来ます。

現況測量

土地の売却前の仮測量、相続税申告のための図面作成、訴訟資料としてなど、「境界確定までは必要ないが、
現況測量をしての図面作成のみ依頼したい。」という場合もお気軽にお問い合わせ下さい。